「廃棄物から、あたらしい色をつくろう。」プロジェクトの第一弾として、静岡県・浜名湖で大量発生し廃棄されているアオサから作った新色「アオサ ライト グリーン」を発表しました。
海水と淡水が混じり合う浜名湖は、全国でもっとも生物が生息している湖です。しかし、アオサが湖底にたまり腐敗すると、湖の生息環境に悪影響が出てしまいます。
またこのアオサは「アナアオサ」という種類で、食用には向かないといわれます。海岸に打ち上げられると悪臭が漂い、周囲の生活や観光にもよくない影響が出ていて、ついには「やっかいもの」という通称まで。

このアオサから抽出される色を「AOSA LIGHT GREEN」 と命名しました。実際にこの色を使用したコンテンツが生み出されはじめていて、「浜名湖発のあたらしい色」として、浜松のイベントや伝統行事、学校教育や生活の中で活用されることを目指しています。

(C) 2020 SPUIT.

< YOU CAN RESIZE.